ビフィズス菌が与える健康と効果

ビフィズス菌が健康に良いとされているのは知っているけれどどんな効果があるのか知っていますか?

皆さんが一番ご存知なのは腸内の環境を改善してくれる作用ではないでしょうか?

これはこの菌が糖を分解してくれる時に乳酸や酢酸と言った成分が腸内に悪影響を及ぼす菌を押さえてくれます。

この悪影響を及ぼす菌によって作られてしまうアンモニアなどの腐敗産物減らしてくれるので、腸内の環境が改善されていくのです。

腸内の環境がよい状態になると便秘などの症状の改善にもなります。

そしてその他には感染を予防する効果もあります。

ビフィズス菌が作る有機酸というものが大腸の中の状態を酸性にしてくれます。

そうすることにより腸内の最近のバランスがよくなり病原菌の感染を防いでくれるようになるのです。

実例として病原性大腸菌0157やインフルエンザなどの感染防御作用に対する実績があるようです。

ビフィズス菌を摂取することにより免疫細胞の働きが高まってくれるので感染症にかかりにくい健康的な体になるようです。

ビフィズス菌が与えてくれる効果には免疫調節作用もあります。

人間の体の免疫細胞のおよそ7割は腸に存在しています。

ビフィズス菌が腸内にある最近の善玉菌の割合を活発に増やしてくれることによって腸の免疫力が上がる効果があるということが分かりました。

更に免疫異常であるアレルギー症状を改善してくれたり、発がん物質を分解し、がん発症を抑えてくれる効果があることが分かってきているようです。

更に脂質代謝を改善する効果があります。

脂質代謝がスムーズにいかないが為に、中性脂肪やコレステロールが蓄積されすぎてしまうと、高脂血症となってしまい、それにより心筋梗塞を引き起こしてしまったり動脈硬化が起こってしまうこともあります。

以上のように健康を維持するためにも摂取することで体にプラスの効果を生み出すことができるビフィズス菌。

私たちが生活していく中でとても大きな役割をもっているのですね。

その他にも私が見つけたサイトではこの他にも健康に関する様々な情報がありますので、気になる方はぜひ見ていただきたいものです。

ビフィズス菌の働きを見る

Comments are closed.